レジェンド声優と懐かしのアニメ

レジェンド声優を軸に懐かしアニメを場合によっては原作もからめて振り返ります
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ランキング
スポンサーリンク
プライバシーポリシー
➀当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 ▲譽献Д鵐廟射イ伐かしのアニメはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」 | main | 過去のレコード、カセットのデータの保存 >>
古谷徹と「聖闘士星矢」
0
    今回は古谷徹さんと「聖闘士星矢」です。

     

    まずは古谷徹さんです。

     

     

    声優デビューから現在まで第一線で活躍されているベテラン声優さんです。

     

     

    代表作はこの3作でいいのではないでしょうか。

     

     

    巨人の星>>>>>星飛雄馬
    機動戦士ガンダム>>>>>アムロ・レイ
    聖闘士星矢>>>>>星矢

     

     

     

    どれも爆発的人気作です。

     

     

    声優の当たり役と言えばその声優さんの得意キャラとなりがちで、複数ある時は似たような演技のキャラになりがちです。

     

    しかし、古谷さんの当たり役はそれぞれ演技が違っています。
    特にガンダムのアムロは内向的で自己中心的なところがあるなど子供向け番組ではありえないような設定でしたが、古谷さんは見事に演じ切りました。

     

     

    「親父にだってぶたれたことないのに」というセリフは芸人がまねしたり関係のない漫画でパロディ的に引用されました。
    その後のガンダム人気はみなさんご承知のとおりです。

     

     

    後のガンダム作品Ζガンダムでもアムロの登場はファンはいつでるかと待ち望んでいました。
    Ζガンダムでは登場するも初めはちらりと出るだけだったり、がっつり出ても過去の戦争のトラウマをかかえて戦いにでることを恐れていました。
    最終的にはモビルスーツを操り卓越した技術を見せつけファンの期待に答えました。

     

     


    そんな古谷さんが演じた聖闘士星矢は男の子だけでなく女性からの支持を受けたことにより国民的人気をえることとなり現在でも続編の制作などさまざまな形でメディア展開されています。

     

     

    あらすじとしては
    この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるといわれる希望の闘士聖闘士(セイント)。その拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏う。そして現代、6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった少年星矢が父に運命を託された実の兄弟たち(アニメ版では同じ境遇の少年たち)と共に地上の覇権を争う神々の争いに身を投じる。
    Wikipediaより

     

     

    となっています。

     

     

    はじめはブロンズ聖闘士というくらいの低い聖闘士ばかりが出てきて星矢はブロンズ聖闘士です。
    後にシルバー聖闘士、ゴールド聖闘士が出てきます。

     

     

    聖闘士はコスモという超能力のようなものを攻撃にして戦います。
    ブロンズとゴールドではコスモの大きさに雲泥の差があるという設定です。
    物語後半ではブロンズでありながら驚異のコスモを発揮して次々と星矢や仲間がゴールド聖闘士を打ち破ります。

     

     

    アニメで印象に残るキャラがありました。

     

     

     

    スチール聖闘士です。

     

    全て現代科学でつくられた機械仕掛けのクロスです。
    星矢の助っ人のために星矢たちを支援する財団が開発したとの設定です。
    おそらくおもちゃの販売のために考えられたキャラクターだと思います。
    そのキャラクター登場の回ではそのおもちゃのCMが流れました。
    まったく世界観を無視したものでした。
    なんと合体変形して所持者であるキャラクターを乗せて空を飛んだような気がします。
    よほどおもちゃが売れなかったのかその後の登場はありませんでした。
    星矢を見ていた人に覚えているか聞いてみてもほとんどの人の記憶にはありませんでした。

     

     

    しかし覚えていた人はいるようで、驚くことに2012年に放映された続編「聖闘士星矢Ω」では量産化されて再登場しています。

     

     

    聖闘士星矢は初めは敵同士でも戦いながら友情をはぐくみ仲間になっていくという展開で、そのあたりがボーイズラブ的に女子層に受け男の子人気だけでなく女の子にも人気の出た要因でした。

     

     

     


    ありえない星矢グッズ発見!なんと金額4,546,800円(笑)

     

     

     

     

     

     

     

    niconicoをより快適に見る方法

     

    | 古谷徹 | 10:03 | comments(1) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    こんにちは。
    スペースお借り致します。

    お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
    ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
    イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
    月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
    あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
    東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

    興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
    よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
    ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
    http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

    これからもブログの運営頑張って下さい。
    失礼致しました。
    | つねさん | 2018/02/05 10:02 AM |
    コメントする