レジェンド声優と懐かしのアニメ

レジェンド声優を軸に懐かしアニメを場合によっては原作もからめて振り返ります
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ランキング
スポンサーリンク
プライバシーポリシー
➀当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 ▲譽献Д鵐廟射イ伐かしのアニメはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 野沢那智と「スペースコブラ」 | main | 富永みーなと「魔法の妖精ペルシャ」 >>
田中真弓と「おそ松くん(新)」
0
    今回は田中真弓さんと「おそ松くん(新)」です。

     

    まずは田中真弓さん。

     

     


    もしかしたら声の出演だけでみれば一番稼いでるんじゃないでしょうか。
    すでにベテランの年齢ですから単価も高いはず。

     

    まあゲスイことはおいといて

     

    もう日本人で田中真弓さんの声を知らない人はいないんじゃないでしょうか?

     

     

    代表作って何?

     

     

    天空の城ラピュタのパズー
    ワンピースのルフィー
    ドラゴンボールのクリリン
    おーい!はに丸のはに丸
    ダッシュ勝平の勝平
    さすがの猿飛の忍豚
    Gu-Guガンモの佃半平太
    魔神英雄伝ワタルのワタル
    モジャ公のモジャ公
    などなど

     

     

    どんな年代の人も、あ〜あの声か、と思い当たることでしょう。

     

     

    野沢雅子さんと同様に、おなじみの声ながらどんな役をやってもイヤミ無く、どんな役でもぴったりに演じています。

     

     

    デビューからしばらくはギャグキャラを多くあてがわれていたように思います。
    本人さんも一生懸命、それまでになかったタイプの演技で役にこたえていたように思いますね。

     

     

    「さすがの猿飛」の忍豚などはその最たるものでセリフは無くて鳴き声だけです。
    アニメにありがちな人間語を話すキャラクターではありません。
    豚の忍者です。
    人間語は話さないと書きましたが、人間語は理解しますし鳴き声として「ニントン」と鳴きます。
    ニントンとして番組のナレーションもしていましたが、劇中ではしゃべらない設定です。

     

     

    忍豚の少し前にすでにアニメの主役もやっていますが、やはりほぼギャグキャラでした。
    1978年に声優デビューして1981年に主役抜擢なのですごいですね。
    いまと違って当時は新人が主役をすることはあまりないので、よほど演技を買われたのでしょう。
    そのアニメはダッシュ勝平です。

     

     

    普段はエッチでおちゃらけていますが真剣になるとすごい能力を発揮するキャラです。
    アカネちゃんという彼女がいます。「アカネちゃ〜ん」というセリフが定番で、番組の主題歌でもそのセリフが使われています。ダッシュ勝平と言えばこのセリフというくらい印象に残るセリフです。

     

     

    さて田中真弓さんはアニメ声優以外にも多くの活動をしています。
    もともと芝居からこの世界に入ったので演劇にも出演していますし、自ら声優仲間と劇団を作り上演したこともあります。

     

     

    テレビに出ることも多く、おそらく本人も顔出しは嫌いではないのでしょう。
    ただ、昔から気の弱いところもあり、コメントを話すときもわざと少しおちゃらけて芝居がかった話し方をしたり、無理に面白おかしく話そうとしているようにもみえます。

     

     

    昔からの田中真弓さんファンで忘れられないのはラジオ番組「アニメトピア」の2代目パーソナリティでしょう。
    初代の吉田理保子さんと麻上洋子さんの後釜として島津冴子さんと大役を務めました。
    番組内ではキレイどころ担当の島津冴子さんに対してブサイク担当として位置づけられていました。
    それでも三ツ矢雄二さんなどゲストとの掛け合いや会話の軽快さ、そしてアニメブームの中で二人とも人気をグングンあげていった時期と重複していたことなどから、ファンの心をつかみ公開録音ではいつも満員になるほどの人気を得ました。
    パーソナリティの代替わりではよくあることですが、交代の際にはたくさんの抗議が寄せられて3代目である坂本千夏さんや高橋美紀さんはそうとうなご苦労をされたようです。

     

     

    パーソナリティを降りた後も、3代目、4代目時代にゲスト出演し、4代目の際に発売された番組のレコード「アニメトピア歌謡音楽祭」では1曲「結婚」という歌を麻上洋子さんとデュエットで歌っています。

     

     

    アニメトピアで印象に残る回があります。
    田中真弓さんの現役時代の回ではなく田中さんも出演しなかったと思います。
    昔、田中真弓さんとコント赤信号のリーダー渡辺正行さんが交際していたのはご存知でしょうか。
    後年、テレビ番組で渡辺正行さんの昔付き合っていた人ということで呼ばれて出演したこともあるようです(私は未見です)。
    3代目だったか4代目だったか忘れましたが、田中さんを振ったということを渡辺正行さん本人をゲストに呼んで糾弾するという回がありました。
    パーソナリティがなんで振ったんだとかいう質問をしながら番組は進むのですが、ゲスト登場時から渡辺正行の機嫌が悪く「なんであなたたちにそんなことを聞かれなきゃならないんだ」とかけんか腰で返答するばかりで楽しい雰囲気のひとつもなくゲストコーナーが終了するというカオスな回でした。

     

     

    トピアでもそうでしたが、キャラクターを演じるのではなく田中真弓として出演する際は、とてもいい人感がでています。あふれているといってもかもしれません。
    突然泣いたりわめいたりするのですがそれは役割の上でのことで、実際はなにかと周りに気を使いながら話しているのが感じられます。
    そのあたりも田中さんが人気を得ている理由のひとつかもしれません。
    みなさんもワンピースの特番や特別映像などのインタビューを見てそう思いませんか?

     

     

    ジャンルが何になるのかは知りませんが、コントCDなどにも出演しています。
    数分のコントが10数話入っているもので、めずらしく男の子ではなく女性の役をたくさんやっています。
    下ネタも多くいわゆるアニメ声優田中真弓とは違う一面を見る(聞く)ことができます。

     

     

    いそがしい声優の合間にもいろんな活動をされており、心底エンターテイメントが好きなんだなと感じます。

     

     

    さて次は「おそ松くん(新)」です。

     

     

    いまはやりの「おそ松さん」の元ネタだと思われます。
    もちろん大元は赤塚不二夫さん原作の「おそ松くん」が「おそ松さん」なのですが、
    「おそ松くん(新)」でつけられたキャラクター性が「おそ松さん」で引き継がれているように思われます。
    特にそう感じるのは「チビ太」と「トト子」です。
    「おそ松くん(新)」の六つ子は全員ほとんど同じ顔と性格で、声優はいちおう別々の人が演じていたものの区別がつきにくかったです。
    六つ子に大きな性格の違いをつけたのは「おそ松さん」の功績でしょう。

     

     

    あらすじはないようなものです
    一応、六つ子がの少年が主役ですが、回によっては全く別の設定で話が進んだりします。
    毎回、登場人物が役を分担してコントが演じられていると思ってください。
    すいません、説明しきれません・・・。

     

     

    さて「おそ松くん(新)」では声優さんに引っ張られるようにキャラクターの性格がエスカレートしていきました。
    チビ太の「てやんでバーローちきしょう」というのは田中さんのアドリブだそうです。
    次第にチビ太は親分肌の役割を多くあたえられるようになりました。
    威勢のいいキャラクターだというのが制作側にも浸透していったためだと思います。

     

     

    さらに輪をかけたのが「トト子」です。
    演じた松井菜桜子さんの演技が「おそ松さん」のトト子の2面性につながっているように思います。
    初めの頃のトト子はヒロイン的だったように思いますが、回を追うにつれて性格の悪さがあらわれてきます。
    「トト子、経済力のある人好き〜」というセリフが現すように普段のかわいい顔とは裏腹に欲望を心に抱えています。
    このセリフは松井菜桜子さんが声優としてTV番組に顔出しするときに当時よく使っていました。
    受けることも多かったのですが、「笑っていいとも」だかで言ったときはド滑りしていました。

     

     

    【おそ松くん(新)データ】
    1988年2月13日から1989年12月30日まで86話が放送されました。

     

     

    主要キャスト
    おそ松>>>>>井上瑤
    一松>>>>>横尾まり
    カラ松・ハタ坊>>>>>真柴摩利
    チョロ松>>>>>松本梨香
    トド松>>>>>林原めぐみ
    十四松・トト子>>>>>松井菜桜子
    イヤミ>>>>>肝付兼太
    チビ太>>>>>田中真弓
    デカパン>>>>>大平透

     

     

     

     


    ところでネットで田中さんの情報を見ると、本名阿部真弓、配偶者柴本浩行とありますが、私の記憶ではずいぶん前に離婚していたと思うのですが、復縁されたのでしょうか?

     

     

    結婚したときに出演したラジオ番組では、「私、田中真弓は結婚して本名阿部真弓になりました。あ〜べまゆぅぅぅみぃぃぃ♪」と嬉しそうに歌っていたので、離婚したという報道をみたときは驚いた記憶があるのですが、記憶違いだったのでしょうか?
    知っている人コメント求む。

     

     

    これで思い出したんですが、田中真弓さんの話ではないので恐縮ですが、富永みーなさんのラジオ番組でリスナーと直接電話で話をするコーナーで話の後半で

    リスナー「八尾一樹さんとお幸せに

    富永「ごめんね、離婚しちゃったんだ・・・」

    リスナー「・・・」

    富永みーな「ごめんね、あーかわいそう(このリスナー)」

    リスナー「・・・」

    富永みーな「大丈夫だよ〜・・・」

    リスナー「・・・(以後なにも話さずコーナー終わり)」

    というのがありました。
    ラジオを聴いている人のほとんどが場が凍るのを感じました。

     

     

     

     

    すいません、余計な話題でした。

     

     

    niconicoをより快適に見る方法

    | 田中真弓 | 01:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする